診療案内|岡山市の眼科なら大本眼科医院

岡山市の眼科なら大本眼科医院

0862731797

診療時間9:00~12:00/15:00~18:00 ※火曜午前/9:00~11:30
休診日:木曜午後/土曜午後/日曜/祝日

診療案内

白内障

白内障というのは、「水晶体」と呼ばれる透明なレンズが、徐々に白くなってしまうものです。先天性や糖尿病性などの白内障もありますが、大部分は加齢によるものです。50歳代で50%、60代で60%、70代では80%の方が白内障です。
自覚症状は、「目がかすむ」「光をまぶしく感じる」などがあります。

白内障は時間をかけてゆっくりと進行しますが、その進行速度は個人差が大きく、また進行中に水晶体の厚みが増すことで、急性緑内障発作を誘発することもありますから、専門医による定期的な経過観察が必要です。
白内障の進行を遅らせるための点眼薬(カタリン、カリーユニなど)がありますが、治ってしまうことはありません。白内障の治療法は手術です。当院では最新の技術と治療機器を用い、白内障手術に力を入れております。ご希望の方はご相談ください。

日帰り白内障手術について

緑内障

緑内障

全眼科疾患の中で失明原因のトップは緑内障です。緑内障はどんな症状で発症するのでしょうか?
「特殊な発作を起こして、ある日突然見えなくなる」閉塞隅角緑内障もありますが、緑内障に特有な自覚症状は無いというのが怖いところです。

「最近目が疲れる、歳のせいだろう」と放置しておくと、いつの間にか緑内障が進行して視野が欠け、視力が低下します。

当院で緑内障と診断された患者さんの多くは、「ものもらい」や「目にゴミが入った」といった関係ない症状で初診されました。そしてその時に行った眼底検査で、緑内障が発見されています。
緑内障が怖いもう一つの理由は、緑内障で低下した視力や視野は、治療しても改善できないということです。40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障であるという、大規模研究の報告もあります。緑内障は早期に発見して、進行させないことが重要なのです。

ドライアイ

ドライアイ

「眼が疲れやすい」「ゴロゴロする」「違和感があって調子が悪い」と感じる方は、ドライアイの可能性もあります。「ドライアイ」は、涙が少ないという単純なものではありません。涙が蒸発してしまうのを防ぐ役割を持つ油層が少なくなっている場合も多いのです。

当院では、一般ドライアイ診療だけでなく、シェーグレン症候群や眼類天疱瘡、移植片対宿主症候群等の重症ドライアイに対する、自己血清点眼や涙点プラグを用いた高度な治療も行っております。まずご相談ください。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズ

コンタクトレンズはとても身近な物になりましたが、角膜炎や、アメーバ感染などの原因として、意外に怖いものでもあります。定期的な医師の診察が非常に大切です。

当院では一般の使い捨てコンタクトレンズの他に、円錐角膜や角膜移植眼など特殊な眼のためのハードコンタクトレンズ処方を行っています。コンタクトレンズに関するご相談なら、当院にお任せください。

コンタクトレンズについて

糖尿病と眼の合併症

糖尿病で血糖のコントロールが悪いと、糖尿病網膜症を発症することがあります。眼底に出血、白斑などが現われ、放置すると徐々に悪化して行きます。出血等の病変が網膜の中心部である「黄斑」に起きると、急激に視力が低下しますが、網膜の周辺部分で起きているあいだは、あまり自覚症状がありません。症状が無いからと油断することなく、定期的に眼底検査を受けることが非常に大切です。

当院ではデジタルカメラで撮影した眼底写真を長期的に保存し、病気の進行判定に役立てています。また、黄斑の異常を早期に発見できるよう、最新の光干渉断層計(OCT)を導入しています。

飛蚊症

「目の前を虫が飛んでいるように見える」「糸くずや膜のようなものが動いて見える」などの症状がある場合、網膜に穴が開いていることがあります。網膜の穴であり網膜裂孔は、網膜剥離に進行することもあるのです。
網膜裂孔が早期に発見されれば、レーザーで治療することが可能です。裂孔から網膜剥離が起こってしまうと、手術が必要になります。飛蚊症を感じたら、放置せず眼底検査を受けることが大切です。

学校健診での再検査

学校健診での再検査

斜視や弱視は、早期に発見・治療すれば、視力を回復することが可能です。早く治療を開始するほど治療効果が高いため、指摘されたらすぐに眼科を受診しましょう。

糖尿病網膜症

糖尿病のコントロールが良くない状態が続くと、網膜症や、腎機能障害、神経障害などの合併症を来すことが知られています。
網膜症は、初期にはほとんど症状がありませんが、進行すると、視力低下や霞をきたし、さらに悪化すると増殖網膜症となり失明する可能性もあります。初期であれば蛍光眼底造影検査や光干渉断層計で検査を行い、レーザー治療や硝子体への注射などで網膜症の進行を抑えることも可能です。進行してしまった網膜症は手術が必要です。
糖尿病がある方は、自覚症状がなくても必ず眼科の診察を受けましょう。

加齢黄斑変性症

生活習慣の欧米化により、日本でも患者数が増加しています。網膜の一番中心の黄斑部に変性が起き、新生血管ができてしまうと視力が低下したり、物が歪んで見えたりします。最近では、VEGF阻害薬(新生血管の増殖を抑制する薬)を硝子体内に注射する方法が一般的です。抗VEGF療法は当院でも行っています。症状がある方は、早めに受診してください。

網膜静脈閉塞症

様々な原因で網膜静脈が閉塞することにより、眼底出血や網膜浮腫をきたす病気です。症状が進行すると、視力が低下したり、物が歪んで見えたり、視野の中に見えない部分ができたりします。初期であればVEGF阻害薬(新生血管の増殖を抑制する薬)を硝子体内に注射したり、レーザー治療を行うことで視力の回復が得られますが、進行すると手術が必要です。抗VEGF療法、レーザー治療は当院でも行っています。症状がある方は、早めに受診してください。

眼瞼下垂

加齢に伴い、誰でも若い時と比べると瞼が下がってきます。まぶたが、黒目の近くまで下がってしまうと、視野が狭くなったり、眼の疲れや肩こり、頭痛が出ることもあります。症状が強い場合は、手術による治療を行います。

pagetop